辛い食事制限もきつすぎる運動もなく、きれいに痩せられると噂のデルスカット。痩せられる秘密はスーパーフードと呼ばれるサイリウムハスクです。

このサイリウムハスクがお腹の中で70倍に膨らむことで食べる量を自然と抑えられ、不要なものに吸着して体外に排出してくれるので大きな効果が期待できるんです。

また、脂肪の燃焼を促してくれるカルニチンも配合されています。でも、効果が大きいのは嬉しいけれど、心配なのは副作用ですよね。

デルスカットには副作用はあるのでしょうか。

また、体が敏感になってしまう生理中や、体に大きな変化がある妊娠中や授乳中には使用できるのでしょうか。詳しく調べていきましょう。

デルスカットは副作用はあるの?

デルスカットに副作用は認められるのでしょうか?デルスカットに使用されているものは、全て食品として認められているもので、薬ではありまえせん。健康被害も上がっておらず、副作用というものはあげられていません。

しかし、サイリウムハスクは不溶性食物繊維と水溶性食物繊維を含んでいるため、体質によってはお腹を下してしまったり、逆に便秘気味になってしまう方もいらっしゃいます。そういう方は、量を調整しながら飲むことをお勧めします。

しかし、食物アレルギーがある方は注意が必要です。アレルギーの原因となる食品が使用されている可能性があります。使用されている原材料をよく見てからの購入をしてくださいね。

デルスカットは生理中に飲んでも大丈夫?

デルスカットには副作用らしい副作用はないとお伝えしましたが、体が敏感になりがちな生理中に飲んでも大丈夫なのでしょうか。

その答えは、基本的には大丈夫です。しかし、デルスカットに配合されている成分により、お腹が緩くなったり便秘をおこしてしまったりすることがあります。

生理中は、個人差はありますが、普段通りの生活をしていてもお腹が痛くなったり、頭が痛くなったりと体に不調が出やすい時期です。もしかすると、デルスカットに含まれる成分によって不調が起こってしまうかもしれません。

ですので、生理中にデルスカットを飲んでいてお腹が痛いなと思ったら、生理が終わるまでお休みするなどして、体調を整えてくださいね。

デルスカットは授乳中に飲んでも大丈夫?

産後、体型が気になるママさんは多いですよね。デルスカットに副作用がないのなら、授乳中も飲んで問題なのでしょうか。

基本的には大丈夫です。と、いうのもデルスカットはお薬ではなく、食品だからです。

お医者様から特になにか言われていない場合には、普通の食品と同じように飲んで大丈夫です。しかし、授乳中のお母さんの体は大変デリケートです。いつもは不調が起きない食品でも、お腹が緩くなってしまったり、痛くなったりしてしまうこともあります。授乳中の体に無理は禁物です。

少しでも調子が悪いなと思ったら使用を中断してください。不安な場合には、使用前や使用中にかかりつけのお医者さんに相談することをおすすめします。

デルスカットは妊娠中に飲んでも大丈夫?

妊娠中は体のラインが崩れがち。妊娠中でも出来るだけスタイルを気にしていたいお母さんも多くいらっしゃいますよね。

妊娠中にデルスカットは飲めるのでしょうか。答えは大丈夫、です。デルスカットは食品なので、副作用もありませんので問題なく飲んでいただけます。

しかし、妊娠中の体は、いつもの自分とは似て非なるものと言っても過言ではありません。ちょっとの変化によって大きく体調が変わってしまうことが多々あります。妊娠中は、自分1人の体ではありません。

母体に不調をきたしてしまうと、お腹の中の赤ちゃんにも影響してしまいます。少しでもおかしいなと思ったら使用を中止して、必ずかかりつけのお医者さんに相談してください。

デルスカットは薬を服用しても大丈夫?

常用しているお薬がある方は、デルスカットを飲むことは出来るでしょうか。デルスカットは薬ではなく食品なので、食事制限のない方は、普通の食品と同じように使用することができます。

しかし、食品の摂取制限がある方や、食事との食べ合わせで副作用を引き起こしてしまう薬を常用されている方は、必ず医師の判断を仰いでください。

また、食べ合わせなどは問題なくても、デルスカットを飲み始めてすぐは、お腹が緩くなってしまったり、便秘になってしまう方もいらっしゃいます。

お薬の吸収の妨げになってしまう可能性もあるので、デリケートなお薬を飲まれている方も、医師の判断を仰いでから始めるようにしてくださいね。